製造法の特徴Method

ラミネート加工・ラッピング加工のメリット Merit

希望の形状を試作から本生産までスピーディーに

高性能モルダー加工機を3台保有し、MDF等の木材を御希望の形状への加工を試作から本生産までスピーディーに対応いたします。ラミネート・ラッピング加工に関しては様々なデザインのラッピング用シートにて対応いたしております。DNP(大日本印刷)、凸版印刷などのサンプルからお選びいただけます。

加工済み部材で建設現場での作業時間短縮が可能に

巾木や廻り縁で使用されるコーナー材は、メーカーで加工した物を納入して現場で取り付ければ作業効率が高まります。
当社では、オリジナルデザインの巾木・廻り縁のコーナー材はもちろん、90°、135°、多角形、円柱形など様々な角度のコーナー材も製造できます。

希望の形状を試作から本生産までスピーディーに

オーダーサイズの扉や、様々な形状の扉・カウンターを手掛けております(左右R扉、手掛けテーパー扉、J型手掛け扉、四方R形状 等など)。
J型手掛け扉に関しては、何種類かの形状パターンを御用意できます。表面シートは、鏡面(光沢シート)にも対応しております。

耐水または標準MDFを使用した窓枠類のラッピング

巾木・廻り縁・収納扉だけではなく、耐水または標準MDFを使用した窓枠類のラッピングも手掛けております。近年、LVSから耐水MDFへのラッピングが増えております。1サイズ20本程からの生産になりますが、好評をいただいております。基材厚は15~21mm対応が可能です。

製造工程 Process

モルダー加工

仕入れた木材・合板の表面は、鋸刃による断面のため刃の跡などが残っていて非常にざらついています。そのままではラミネート・ラッピング加工の接着に向いていないため、その表面をモルダー機械を使用してなめらかにします。また材料の側面や上下に溝を加工する場合にも使用します。

ラッピング加工

プレート状、またはモールディング加工された木材・合板の化粧加工面に、樹脂製のシートを貼っていきます。少量生産・立体形状の多い案件は真空プレス機、大量生産の場合はラミネーター機械を通して加工されます。化粧扉の手すりなどの曲面でもシートを押さえるローラーを調整して、丁寧に貼り付けることが可能です。

検品・梱包

ラッピング加工された部材へ穴開けや側面へのラミネートなど追加工などが終了後、検品作業を経て梱包されます。ご注文に応じて、建設現場や製造工場ごとに仕分けし配送することも承ります。

出荷

梱包された部材を出荷します。静岡県岡部町の工場は国道1号に面しており、関東・中部圏からのアクセスも良好です。お待たせすることなく、加工された部材を建設・製作現場へお届けすることができます。